結局「やるか」「やらないか」だけ

男を磨くぞっ

グルメ ダサい

【完全再現】賛否両論・笠原シェフ流「吉野家牛丼の食べ方」レシピ

更新日:

YTVの特番「いただきマスターズ」で披露していた「賛否両論」笠原将弘シェフによる「吉野家の牛丼の食べ方」を紹介。こんな食べ方があったのかと、すぐに牛丼並盛りをテイクアウト。試してみたところ、これが超絶うまかーっ!吉野家の牛丼ごときと侮るなかれ。たかが牛丼が、されど牛丼に変わる笠原流の食べ方をマスターしよう。さりげない牛丼ランチで、一目置かれる可能性大だぞっ。

おにぎりくん
大げさ
今回の先生は・・・
みっち
私だ

笠原流の吉野家牛丼の食べ方!注文するメニュー

(↑諸事情により「すき家の牛丼中盛」持ち帰り)

店員に注文するメニューは、3つ。

・牛丼
・お新香
・生卵

STAFFゆうきち
なんだいつものメニューじゃない
みっち
ここから2種類のバリエーションを楽しむんだよ
STAFFゆうきち
どうせ残ったご飯に紅生姜入れてお茶漬けとかにするんでしょ?
みっち
食べればわかる

笠原流の吉野家牛丼の食べ方!濃厚卵黄丼の作り方

まずは一つ目の食べ方、濃厚卵黄牛丼をいただく。

1〜牛丼に生卵の黄身だけをトッピング
2〜黄身をくずして肉と満遍なく絡める
3〜ご飯を3分の1残す

笠原シェフ曰く「卵黄の濃厚さ。究極の自然界が作ってくれたソース。卵黄と卵白を混ぜるのはナンセンス」とのこと。

スタジオゲストの千秋さんが思わず「すき焼きだーっ」と叫んでいたが、わたしに言わせればそれ以上。濃厚な卵黄ソースが肉を味を極限まで引き立てている。

ただし、食べ過ぎてはいけない。
この濃厚卵黄牛丼でご飯3分の2まで食べ進めるべし。つまり、肉の割合がかなり多くを占める牛丼を味わうことになる。

※なお、画像の牛丼はすき家の持ち帰り。一番近いところにあるというだけで深い意味はない。イメージ映像と考えていただきたい。

笠原流の吉野家牛丼の食べ方!サラサラ卵白丼の作り方

2つめは、サラサラ卵白丼。作り方はカンタン。

4〜卵白をかきまぜご飯にのせる

5〜お新香に紅生姜をまぜる

6〜5をご飯の上にのせて再びいただきます!

↑ちょっと順番と作り方を間違えてます。

ほんとはもっと見栄えがいい

というのも、よく溶いた卵白をご飯に入れるのが先。そのあと、お新香と紅生姜を混ぜたものをご飯にのせるだけでいただく。お新香と紅生姜もご飯と一緒にぐちゃぐちゃに混ぜてしまったのでちょっと汚い見栄えになってしまった。

笠原シェフ曰く「これはリゾット。タレのしみたごはん、漬物のシャリシャリとした食感、紅生姜のスパイシーさが絡み合ったときにまったく違った世界に誘われますよ」

みっち
いざなわれました

3行まとめ

・「賛否両論」笠原シェフ流の「吉野家牛丼の食べ方」が超絶うまい
・生卵の黄身だけをのせるのがポイント
・ごはんを3分の1残して卵白とおしんこ、紅生姜でリゾット風に

いちばん驚いたのは、サラサラ卵白丼。卵白のチカラを思い知らされた。

牛丼一つにも一家言をもつ笠原シェフはさすが。
ちなみに、NHKで笠原シェフが作った牛丼レシピはこちら。

ぜひお試しあれ〜。

おにぎりくん
美味しいからといって食べすぎには注意してくれよな!



-グルメ, ダサい
-, , , , , ,

Copyright© 男を磨くぞっ , 2020 All Rights Reserved.